こんなオーディションが開かれています

俳優やモデル、声優など、日々様々なオーディションが開催されてます。プロだけでなく一般向けのオーディションも存在するので、参加してみましょう。

オーディションに参加した人の声

自分に自信が持てました

人前に出ることが苦手でしたが、オーディションを受けたことで、自分に自信が持てました。

スキルアップにつながった

オーディションで色々なアドバイスをもらえたおかげで、スキルアップにつながりました。

夢を叶えることができました

端役ですが役をもらえたことで、俳優になるという夢が叶いました。オーディションに挑戦して良かったです。

モチベーションが上がりました

オーディションでライバルたちを目の当たりにして、もっと頑張らねばとモチベーションが上がりました。

簡単に応募できて良かった

インターネットで申し込めたので、気軽に挑戦できました。他のオーディションにも参加してみたいです。

自分を売り込む

舞台

『芸能人になりたい』、そうした夢を実現化させるために、各芸能事務所が企画するのがオーディションです。自薦他薦問わず、内容によって年齢も性別も、国籍も問われません。クリエイティブな専門職にもなり得るジャンルのオーディションもあります。『発掘』と題する内容では、すぐに芸能事務所との雇用契約が締結できるスターへの登竜門となっています。また、一般に学歴は関係ないとされ、高卒以上で資格や免許が必須、経験者を歓迎しているなどの条件はあまり見られません。チャンスは誰にでもあり、審査員にはその事務所に籍をおく芸能人が携わるケースもあります。技術職ならば『作品』を売り込むのですが、芸能界では『自分を売り込む』ことが合否に繋がるといいます。大きな声で、失敗を恐れず、公平な昇進システムがあるワケではないので、目に止まることを意識し、自分をアピールするのが利に適っています。

ブレイクできる

舞台

芸能関連のオーディションは、書類選考である程度人数を減らし、実際に事務所側が用意したステージに進めるのはほんの一握りです。最近では、ものまねタレントの話題からも、お笑い系オーディションが活気づいています。この場合には、ネタを披露するのが特徴で、ボケやツッコミ、センスの良し悪しから合否結果が伝えられます。お笑い系での場合、養成所でさらに基礎知識や技術を磨き込んでいき、デビューというよりもブレイクできるか否か、という将来像になります。

遠回りしても掴める夢

キャスティング

オーディションに落ちることもあるでしょうが、多くの場合、書類や写真選考で落ちているようです。落選するには理由がありますが、芸能関連では落ちた理由までは教えてくれません。また、合格したとして、例えば声優オーディションで合格したとして、事務所が声質に関心を持てば、新人シンガーとしてデビューさせるケースもあることを知っておきましょう。夢と現実を知るのは事務所側ですし、かといって、声優になれないワケではなく、そこに行き着くまでの橋掛かりとする特徴もあります。

広告募集中